CPTDB

    From Tsubopedia
    Revision as of 06:20, 7 September 2015 by Atanabe (talk | contribs)
    (diff) ← Older revision | Latest revision (diff) | Newer revision → (diff)

    概要

    CPTDB(無色構成部番:色部番情報)は、無色部番色部番の紐付けを管理する。
    当DBにより無色部番色部番を紐付けているが、一つの無色部番に対して複数の色部番が紐付いている。そのためにPLDBで無色部番(色区分=’K’)のCLSと内・外装コードによりCPL2DBを参照し部品色コード・SEQを確定することにより色部番に絞込みを行う。
    無色構成部番がPLリスト上で補用発注単位部番の場合、その無色構成部番に紐づく色部番の適用先代表CPLNOが付与される。

    テーブルレイアウト

    つなぎデータで提供されない項目は、BOM管理グループの仕訳によって、補完される。

    順番 データ項目名 属性 バイト数 位置 必須 説明
    1 製作所 X 1 1 - 製品の所管製作所を表示
    2 無色部番 X 16 2 - 設計BMの無色構成部番、又は製造BM専用の無色構成部番
    3 色部番 X 16 18 - 機能,性能,形状,寸法が同一で,色仕様のみ異なる部品(色違い同種類部品)をいう。
    4 終了印 X 1 34 - 当該色部番が設計より削除されたことを示す。
    5 仕訳担当 X 2 35 - BMデータベース分散インプット部門内の実際インプット担当者又は担当者グループを表示する。
    6 メンテナンス日時 P 20 37 -
    7 自動設定印 X 1 47 - 色部番自動整備システムより自動設定された色部番を示す。
    8 部品基調色 X 1 48 - 当該色部番の基調色を示す。部品基調色は外色コードの系統色コードをベースとして設定する。
    9 部品コード・SEQNO X 2 49 -
    10 代表CPLNO X 11 51 -