仕訳支援システム

    From Tsubopedia

    E-BOMつなぎ処理により、E-BOMから伝送される部品構成情報、部品情報には生産に必要な構成情報が不足している。このためE-BOMの更新に合わせ、P-BOMではBOMデータの仕訳を行い、その後P-BOMへ反映させている。P-BOMのオンライン画面で部品構成情報の更新は可能であるが、作業効率を上げるため仕訳支援システムが用いられる。仕訳支援システムにはデータベースが存在せず、クライアントからメインフレームへの通信を仲介する形を取っている。更新はほぼオンラインで行われるが、パーツリストの更新は夜間バッチで行われる。

    システム構成