源流対策

    From Tsubopedia

    トヨタ自動車が1989年にレクサスを立ち上げる時に取り入れた、自動車製造過程における問題解決手法の一つ。トヨタ企業サイトによれば、「基本コンセプトは「世界トップレベルのハイパフォーマンス・ラグジュアリーカーの創造」とし、社内の技術開発や生産技術、製造、営業などの関係部門だけでなくグループ各社や仕入先とも一体となって、その実現に取り組んだ。開発にあたっては、妥協を許さず矛盾する要素をも両立させる「Yetの思想」と、問題が生じればその根本までさかのぼって解決する「源流対策」を徹底させながら未知のゾーンに挑んだ。」とされている。現在のフロントローディングに通じる考え方である。