基準適合性審査

From Tsubopedia

基準適合性審査とは、自動車の型式指定において、安全性を評価することを指す。サンプル車両及び書面による審査を行うもの。国土交通大臣による型式指定された自動車の完成検査においては、自動車メーカーの完成検査員による基準適合性の確認を行い、合格した場合「完成検査終了証」を発行する。

参考

型式指定制度・完成検査制度の概要

大量に生産される自動車については、一台毎に行う新規検査の代わりに、サンプル車両及び書面での審査を通じ、「型式指定」を行う。

  1. この「型式指定」を受けた車両について、自動車メーカーが完成検査を実施することにより、国の一台毎の新規検査が省略される。(完成検査終了証の提出により登録手続きが完了し、使用可能となる。)
  2. この完成検査は、自動車メーカーが型式指定を受けた車両と均一な車両を製作することを担保するために出荷前に自動車メーカー自らが安全・環境基準に適合していることを確認するもの。